トラフグ釣り徹底攻略法!人気急上昇中!トラフグ釣りの基本的な釣り方や仕掛け、釣り船を解説

春本番!関東では桜の開花も秒読み段階に入り、いよいよ絶好の沖釣りシーズンを迎えるなかで、いまにわかに脚光を浴びているホットな釣りがあります。それは、

トラフグといえば、これまでショウサイフグ釣りやヒガンフグ釣りなどの「ラッキーな外道」としての希少な魚種でしかありませんでしたが、何と最近ではトラフグをメインターゲットとして出船する船が増えているのです。とくに、

東京湾では3キロ&5キロオーバーの特大トラフグが絶好釣!!

近年は東京湾だけでなく、関東の相模湾や東海の伊勢湾、関西の明石エリアなど各地でトラフグが釣れています。

今後沖釣りのターゲットとして注目度が高まるトラフグ。

「いつ・どこで・どのように釣ったらイイの!?」

そこで今回は、トラフグ釣りのメッカである東京湾を中心に、トラフグの釣り方や仕掛け、おすすめの遊漁船について、基本的な攻略法を解説します。

トラフグ(虎河豚)について

トラフグは「フグの王様」とも呼ばれ、フグ類の中でもっとも大型に成長し、最大で10キロを超えるといわれており、一般家庭の食卓ではなかなか食べることのできない超高級魚です。

トラフグは北海道から九州に至る全国の沿岸に生息しています。これまでは西日本がおもな産地として知られていましたが、近年では冒頭に上げた東京湾を筆頭に、相模湾、駿河湾、伊勢湾、関西、瀬戸内方面など各地で水揚げされ、船釣りのターゲットとしても人気が高まりつつあります。

フグは、肝臓や卵巣等の内蔵や皮などにテトロドトキシンという毒を有しているため、釣り上げたとしても自分で調理することは非常に危険で、船釣りでは「ふぐ調理師免許」を持った船頭やスタッフ等にさばいてもらい、持ち帰って調理することが可能です。

数あるフグのなかでもトラフグは、身だけでなく皮やヒレ、白子など多くの部位を食べることができる上に淡泊で上品な旨味と甘みを感じるまさに極上の美味しさ。天然のとらふぐの市場価格は、何とキロ5,000円~8,000円と高値をつけています。

トラフグの産卵期は春先から初夏にかけて。この時期は白子がパンパンに入った大型のトラフグや数を狙うことができ、初心者にとってもトラフグ釣りの絶好のチャンス!

トラフグ釣りはシンプルな仕掛けで誰でも気軽に楽しめるのが魅力です。

春の新年度を迎え、ぜひこの機会にたくさんの「フク(福)」を釣りましょう!

トラフグ釣りのシーズン展望

トラフグ釣りは3月から5月にかけての乗っ込みが絶好期!

すでにトラフグ釣りのメッカである東京湾では2月後半頃より釣れはじめ、3月には5キロオーバーの特大フグも続々上がっており、4月から5月にかけてピークを迎え、6月頃まで釣れ続きます。

地域によって釣り期は異なりますが、全般的に春先から初夏が狙い目です。

初心者や入門者にとっては、まず各地域の釣り期を把握した上で釣行することが、トラフグを釣る最短距離といっても過言ではありません。

トラフグを専門に狙う船も少ないのが実情ですが、ここでは現況と例年のデータを踏まえトラフグ釣りの傾向と対策をサマリーしてみました。

created by Rinker
¥13,090 (2024/06/15 10:56:14時点 楽天市場調べ-詳細)
ダイワ(DAIWA) ベイトリール 21PR100 ノーマルギア/ハイギア (右・左ハンドル)

カットウ仕掛けは、カットウオモリ(錘)とエサバリ、掛けバリの3つで構成されています。

created by Rinker
¥445 (2024/06/15 10:56:15時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥847 (2024/06/15 14:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

東京湾の遊漁船では、つけエサのアルゼンチン赤エビ10尾までは乗船料込の料金で提供されており、10尾以上は追加料金という船宿が大半です。

トラフグ釣り攻略法とおすすめの遊漁船

トラフグ釣りは近年人気急上昇中で、専門で狙う船もだいぶ増えていますが、船釣りではまだニッチなジャンルの釣りです。

トラフグを専門で狙う遊漁船は少なく、これからトップシーズン迎えるなか満席必至で、なかなか予約をとることもままならないほど。

ここでは今季すでに開幕している東京湾をはじめ、トラフグ釣りの釣況や攻略法、遊漁船情報をご紹介します。

実際に各船宿にヒヤリングした内容も踏まえ、トラフグ釣りのポイントを解説いたします。

千葉県・内房
萬栄丸   勝山港

利八丸   勝山港
宝生丸
   勝山港
ひらの丸  富津港

桜丸    木更津港

東京都・湾岸
吉久    浦安
吉野屋   浦安

えさ政   羽田天空橋

神奈川県・横浜~横須賀
新明丸   鶴見中央
濱生丸   根岸港 
野毛屋
   金沢八景港
忠彦丸   金沢港
一郎丸   鴨居大室港

■相模湾(神奈川)

神奈川県に面した相模湾も近年トラフグ釣りが盛んなエリアです。

相模湾のトラフグ釣りの盛期は、例年2月頃から4月いっぱい。東京湾より釣り期はやや短いですが、この時期になると連日多くの釣り人で賑わいます。

トップシーズンにはトラフグがかなり高確率で釣れるのが魅力!

例年3月中旬頃から水温が上がりはじめるとフグの活性も高まり、ショウサイフグを主体にトラフグも数多く釣れ外道も多彩なため、ほぼ確実にお土産をゲットできるのが嬉しいところです。

ポイントは、横須賀長井沖から茅ケ崎沖にかけての水深20~50メートル。タックルや仕掛けは東京湾とほぼ同じで、チラシ式が多く使われているのが特徴です。

相模湾ではトラフグを専門に狙う船は少なく、トップシーズンの土日や祝日は満席で予約が取れない船も多いため、早めの予約が必須。

トラフグを狙うのであれば、4月中の釣行がおすすめです!

⛵:相模湾のおすすめトラフグ船

相模湾(神奈川県)でおすすめのトラフグ釣り遊漁船をご紹介します。詳細は各船宿にご確認の上ご予約ください。

神奈川県
池田丸   腰越港

ちがさき丸 茅ケ崎港

■伊勢湾(愛知)

愛知県から三重県にかけて広がる伊勢湾は中部・東海エリアにおけるフグ釣りのメッカです。

もともとショウサイフグやヒガンフグ釣りが盛んでしたが、近年はトラフグも相当数釣れており、今後潜在的にトラフグ釣りの伸びしろが大いに見込まれます。

伊勢湾でトラフグを釣るなら2月から3月にかけてが狙い目!

今季もすでにショウサイフグやヒガンフグがトップ30尾オーバーと好釣。そのなかに良型トラフグが混じり、期待の高まる伊勢湾のトラフグ釣りはシーズン終盤です。

残念ながらトラフグ専門で狙う船はほとんどありませんが、盛期にはヒガンフグ等に混じり、高確率でトラフグが釣ることができます。

ポイントは知多半島師崎沖から伊良湖沖、大山沖など。水深は10メートルから30メートルと浅場が主体で、初心者でも比較的釣りやすい場所です。

仕掛けはおもに1~2本のカットウ仕掛けを使いますが、根の起伏が激しいポイントもあるため、現地では胴突き仕掛けも多く使用されています。

⛵:伊勢湾のおすすめのトラフグ船

伊勢湾(愛知県)でおすすめのトラフグ釣り遊漁船をご紹介します。詳細は各船宿にご確認の上ご予約ください。

愛知県
忠栄丸   片名港

おざき丸  片名港
石川丸
   師崎港
七福丸   師崎港

■明石沖~瀬戸内(兵庫・岡山)

兵庫県明石沖から岡山方面にかけての瀬戸内一帯は、関西・西日本を代表するトラフグ釣りの好釣り場です。

トラフグを専門に狙う船は少ないですが、例年冬場に入るとショウサイフグやヒガンフグなどが釣れはじめ、関西や中国地方から多くのファンがつめかけます。その後4月以降にはマダコ乗合へシフトする船が増えるため出船回数も減るようです。

フグ釣りは、関西や西日本では関東にくらべてまだ未開拓な分野の釣りですが、それだけに今後がますます楽しみな釣りです。

ポイントは、兵庫県明石・淡路沖や岡山県児島沖など。水深は15~60メートルと広範囲で、深場を狙うこともあるため、オモリは30~40号まで用意しておくと良いでしょう。

明石沖~瀬戸内のトラフグ釣りもいよいよ終盤を迎えており、早めの予約がおすすめです。

兵庫県
海蓮丸   明石港

魚英    明石港
名田屋   明石港

村由丸
   明石林崎港
海神丸   加古川別府町港

岡山県
からこと丸 倉敷琴浦港
FCインパルス倉敷琴浦港

凱丸    倉敷琴浦港

関連記事

いまや人気ターゲットとして知られるショウサイフグ。以前は千葉県外房の大原や東京湾などごく一部の地域で、冬の風物詩として楽しめる釣り物でしたが、現在では全国各地で周年釣れる身近な人気魚としての地位を確立しました。 私がはじめて外房大原[…]

Please follow me!

Sanook Sanook Fishing!

We would like to make it the best fishing site in Japan that is useful for those who are beginner of fishing and fishing freaks. We would appreciate it if you could contact us. Thank you.

CTR IMG